サラリーマン行政書士の読書日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が、本業、副業、中小企業診断士に挑戦若しくは奮闘する様及び読書記録を綴るブログです。



サラリーマン・サラリーマン哲学

サラリーマンに関する記事です。

『迷路の外には何がある?』ベストセラー待望の続編、信念は変えられる。

『迷路の外には何がある? ―『チーズはどこへ消えた?』その後の物語』。 前著『チーズはどこへ消えた?』の中で、ホーは変化を受け入れチーズを手に入れました。 ですが、ステーションCで動けないままだったヘムがどうなったのかは、読者の想像にまかされてい…

WeWorkが名古屋にオープン!働き方改革の参考にセミナー参加してきました。

昨年日本にも進出し、物凄い勢いで拠点を拡大しているWeWork。 5月にはついに名古屋にもオープン。 中京圏では初となる拠点ですので、とても楽しみにしています。 今回はそんなWeWorkのセミナーに参加してきました。

『セルフ・ヘルプ』、自己啓発の名著『自助論』の完訳版。

書店の新刊コーナーで目に入ったとき、すぐに『自助論』だとわかりました。 本書のタイトルは『セルフ・ヘルプ 自主独立の精神』ですし、表紙にも裏表紙やオビにも、『自助論』とは書かれていません。 ですが、著者のサミュエル・スマイルズといえば『自助論…

『チーズはどこへ消えた?』短くてシンプルな人生の原理原則。

『チーズはどこへ消えた?』を読みました。 本書は随分古い本ですが、エンゼルスの大谷翔平選手の愛読書として再度注目を浴びましたね。 もちろん、それ以前から定番のビジネス、人生の啓発本ではありますが。 私は『チーズはどこへ消えた?』を読むのは今回…

出世はサラリーマンの本懐なのか?

「出世は男の本懐だろ?」 これは『シン・ゴジラ』の中で松尾諭演じる泉修一が言っていた台詞で、主人公で長谷川博巳演じる矢口蘭堂(やぐちらんどう)の「泉も首相補佐官に内定している。君の好きな出世コースじゃないか。」という皮肉に対するものです。映…

古物営業法改正で古物商が注意すべきポイント。

先日、古物営業法改正についての研修会に参加してきましたので、今日は情報共有と注意喚起したいと思います。 まず、今回の改正法は平成30年4月25日に公布され、同年10月24日、改正法の一部が施行されております。また、施行は二段階で施行され、全面改正に…

『サブスクリプション』で顧客志向のビジネスモデルを実現する。

『サブスクリプション―「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』、読了しました。 ビジネスモデル、マーケティングのトレンドとなっているキーワードは沢山ありますが、その中でも「サブスクリプション」はかなり気になっていました。今回そのキ…

プロセスと結果、どちらが大事か問題。

最近社内の若手がやたらプロセスプロセス言っています。 曰く、「結果ばかり追い求めてプロセスを大事にしないからうまくいかない」らしいです。なにやら穏当でないですが、色々と違うんじゃないかと思うところがあるので、今日はそんなことを書いてみます。…

「LEADERS5.0」原田泳幸氏、マクドナルドの経営改革。

年も明けて、もう三週間が経とうとしています。年始は連休からスタートするので、月次決算業務が忙しく、バタバタしておりました。また、年明け早々に契約書チェック、作成案件がいくつも同時に舞い込んだり、エアコンが壊れて業者手配したり、突発的な案件…

ビジネスの場でも役立つ『アクティブラーニング入門』

今回紹介するのは『アクティブラーニング入門』、今教育現場で話題の取り組みです。 名前からして、前向きでよいイメージが湧いてきますよね。 実際、著者の小林先生が言うには、居眠りする子がいないのだとか。 生徒は自発的に、主体的に授業に取り組み、学…

『働きアリからの脱出』働き方改革は自分事で考える。

昨日、元マイクロソフト執行役員である越川慎司さん(現在クロスリバー代表取締役)の新刊本が発売されました。 『働きアリからの脱出: 個人で始める働き方改革』、早速読んでみました。

講演会でのメモは、全てスマホで完結させる。

iPad Proを購入してからは、電子手書きメモの気持ちよさにハマっておりました。 特に勉強では、「書く」ということも覚えるのには良い動作ですから。 ですが、最近机のない講演会や、狭くてiPadを出すのすら憚られるセミナーに参加しまして…。 そんな中でふ…

個人型確定拠出年金、iDeCo始めました。

もう話題一巡、目新しいものではなくなったiDeCo、個人型確定拠出年金です。 書店の株や投資のコーナーでNISAと並んで関連書籍が平積みされておりますが、銀行さんが言うには、加入者はまだまだだそうです。 iDeCoに関して言えば、可処分所得カツカツという…

人生3.0から人生5.0への「LIFE SHIFT」

先日読み始めました~と報告していた「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」ですが、ようやっと読み終えました。 書中、人生を3ステージ、4、5ステージという呼び方て表現していますが、私はステージというより、バージョンのアップデートだと感じました。

サラリーマンが300万円で会社を買う時代

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」 タイトルを見てこれは!と思って読んだ本。 新書ですのでさくっと読み終えました。 サラリーマンこそ300万円で小さな会社を買って、オーナー社長になるのが人生100年時代の個人M&A戦略である!

無駄な会議でますます生産性を下げないために。

今回「会議」について書こうと思ったのは、私の会社、所属する部署での会議がうまくいっていないから。 議題の趣旨がわからず、着地点も見えず、会議の目的を見失っている。 これらを解決することで、会議の生産性向上を目指します。

万年生産性の低い日本が、生産性向上を達成するために。

OECD加盟国35ヵ国中、日本の生産性は20位。 G7の中では最下位です。 日本はなんでこんな生産性の低い国になってしまったのでしょう…。 バブル崩壊前は世界をリードしていたはずなのに…。 そんな日本の現状を悲観する皆さまに朗報です。

元ブラが語る、ブラック企業を今すぐ辞めるべき3つの理由

私がブラック企業体験を通じて 得たものをお伝えしたいと思います。 以前のエントリーで「得るものなど何もない」と言っていましたが、あると言えばあるんですよね。 「ブラック企業は今すぐ辞めるべき」という確信なら、ね。

【お題】「私の黒歴史」、ブラック企業経験談

新卒で入ったこの会社、ブラック企業の典型である長時間労働が蔓延しておりました。 配属直後ですら、月100時間は残業してました。 配属から数か月し、ノルマを与えられて以降はほぼ毎日0時を回っていました。 そこからは毎月140時間の残業をコンスタ…

私が最短で最年少係長になるためにしてきた5つのコト。

我ながら大胆なタイトルを付けたものです。 先日のエントリーで、係長への昇進がほぼ決まったとお伝えしました。今回は、私が最短で最年少係長になるためにしてきた5つのコトについてお話しさせていただきたいと思います。

野原ひろしに追いついた!係長に昇進します(仮)。

係長になりました。 野原ひろしに追い付いた。 野原ひろし・・・35歳、係長 フグ田マスオ・・・28歳、係長 なんとか野原ひろしには追いつきました。 マスオさんにはかないません…。 知らない方も多いと思いますが、マスオさんってスペック高いんですよね。

IoT導入で大成功!事例企業の講演に参加しました。

先日、会社の研修の一環として、IoT導入で大成功をおさめ、旭鉄工の社長講演を拝聴いたしました。 とてもよいお話でしたので、復習しつつ、お話をご紹介いたします。

【書評】「ナゴヤが生んだ『名』企業」

ナゴヤが生んだ『名』企業 長い歴史の中で、地場を支えてきた企業は沢山あります。 長らく続いた不景気の中で、着実に地位を気付いてきた新興勢力もあります。 本書はそういった企業を紹介してくれます。

自己紹介は30秒ver、1分verを持っておく。

NewsPicksでみつけて、これって大切だなと。 記事では30秒を推奨していますが、自己紹介は30秒verに加え、1分verを持っていると強い。

今年も新人研修受け持ちました。

4月に入社した新入社員。 約2ヵ月という期間、外部や現場、座学など、みっちりと叩き込まれます。 そのうちの一日を私の部署でも受け持ちますが、そのうちの半日という時間をいただき、研修を行いました。

インターナルマーケティングをやっていきましょう。

既に発売から10年を経過しておりますが、このインターナルマーケティングという理論自体はさらに昔からあるものですし、時代を経て古くなるものでもありません。 とても面白い内容でしたので、少しまとめを。

システム導入、拠点行脚。

先月末から、全国津々浦々、というほど範囲は広くありませんが、会社の拠点行脚を行いました。 愛知、静岡、神奈川と、10拠点ほど。 はじめて行く拠点もあり、有意義な時間を過ごさせていただきました。 拠点行脚の理由は、システム導入に伴う説明会です。 …

「夢なき者に成功なし」吉田松陰の成功のプロセス。

こんばんは。今回は短め。 「夢なき者に成功なし。」この言葉、ご存じでしょうか。 正確には… 「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし。」 吉田松陰が言った言葉とされています。

今年もメンターに選ばれました。

こんばんは。 昨年、弊社では人事戦略の一環としてメンター制度を試みました。 思いもよらず、メンターの一人として選ばれることとなり、若手従業員の話を聞きつつ、こちらも初心に戻ってみたり。 今年は昨年メンティだった若手が、そのままメンターにシフト…

IT導入のインパクト。

こんばんは。 本日はIT導入におけるコスト削減効果について。 IT導入により、これだけコストが削減された!!なんて事例はよく目にしますが、ほんとうでしょうか? 私は、実体験として間違いない!と断言しますが、今日は実際に試算してみたいと思います。 …

お問い合わせはこちらまで
メールフォーム

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy