サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

IT企業見学とモバイルワーク。

こんばんは。
 
 
先日、いつもより早く家を出て名古屋に乗り込みました。
目的は、IT企業見学です。
 
 
先月のマイクロソフト本社見学に引き続き、企業のIT導入事例、働き方改革の推進事例。
Office365ベンダーでもある同社が、ITをどのように使いこなしているのか、それによりどう働き方改革を実現したか。
とても興味のある部分です。
 
いつも思っていることの一つに、自分が分からない者を売っている人間、業者は信用できない、ということがあります。
売っている商品、製品に対して、愛情をもって接しろ、などと言われますが、大げさなことではありません。
擦り切れるほど使い込んだ物には愛着を感じますし、それだけの思いで使い続けられるものなんだなという信頼が生まれます。
同社では、そんな使い込んだ革財布のごとく、365を使い込んでいらっしゃいます。
 
さて、このIT企業さんですが、まず365ベンダーになった経緯が面白い。
従業員の事情に迫られて、在宅勤務を本気で検討する必要が出てきた、というのがきっかけ。
そこからあらゆるソリューションツール、クラウドアプリ、グループウェアを実際に試したそうです。
グループウェア等は導入もそこそこ手間のかかるものだと思うのですが、同社では名称を挙げてくれたもので6社、グループウェアを試したそうです。
そしてその結果選ばれたのが、やはり普段もっとも使うOfficeソフトと親和性の高い、Office365だったというわけ。
 
そして365のメール、スケジュール、テレビ会議、ファイル共有サーバなどを使用し、共同作業をする中で、ノウハウがどんどんたまっていたそうです。
元々365ベンダーになる前からシステム屋なので、アプリなどを利用した効率化などは、本気でワクワクしてしまうのだとか。
ワクワクしながら仕事する、効率化する、みんなで話す、コミュニケーションが密になる、よいスパイラルが生まれ、相乗効果も大きい。
 
一定のノウハウが貯まった段階で、これ、外にも売れるじゃん、という。
他にも、同社が物理的に離れた拠点間でコミュニケーションをとりやすくするために考え出したシステムがあります。
これも、面白くて突き詰めていった結果、商品化して商標権もとって、外販することになったそうです。
 
お話を伺う中で強く感じたのは、従業員がワクワクすることばかりやっているということ。
それと、コミュニケーションを目的としていること。
昼礼、夕礼、年に何度もある従業員集会、ビジョンミーティング、社内行事や地域貢献、社会貢献、部活動、あらゆる方法で、あらゆる名目で、とにかくコミュニケーションをとっていく。
 
そうすることで、みなの方向性も自ずと収束してくる。
これによって、一旦仕事に取り掛かれば、同僚との間に生じる方向性のズレも少なくなる。
一回に2時間かけて週一回会議をするよりも、20~30分のミーティングを毎日やるほうが、コミュニケーションは密になるし、短いスパンで多く行うことで、理解の共有も深まっていくということでしょうか。
 
今回は、IT企業見学ということでしたが、それよりももっと以前の問題、企業の風土について学ぶことが大きかったです。
 
そして帰路、たまったメールを返信しながら会社に戻りました。
 
 
新幹線で二駅、30分もないですが、メールを捌くにはちょうどよい時間。
最近セミナー、講習参加が重なります。
普段会社に缶詰な業務ばかりなので、隙間時間はみっちり仕事しないと帰ってから大変です。
というか、最近大変なことになってますが…。
 
今のところ会社にはテレワーク関連の規程やガイドラインはなく、各自勝手にやっている感じ。
テレワークは、三つの形態に分類されます。
在宅勤務…自宅で仕事をする。
サテライトオフィス…スタバやマックなどのWi-Fiを利用して外出先で仕事をする。
モバイルワーク…モバイル通信端末を利用
 
モバイルワークについては、スマホはもはや当たり前ですが、テザリングを利用してPCで作業をするというような人はそれほど多くはありません。
それでも話をきくと、一定数はいるようです。
それがサテライトオフィスとなると、自分のほかには一人しか知りません。
上司が緩やかなのをいいことに、かなり自由にやってると自分でも思います。
 
でも、既成事実を作ってしまったほうが早く物事が進むことってありますよね。
経験もなく、リアルな問題点もわからない中でルールを先に決めようとしても、よい結果には結び付きません。
とにかくやって、体験してからどうする?でよいのです。
これからもテレワーク沢山やって、その分沢山シェアしていきたいと思います。
 
 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy