サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

行政書士の登録書類、いただいてきました。

こんばんは。

 

 

本日は仕事で名古屋に行く用事があったので、

昼食の時間を割いて愛知県行政書士会に行ってまいりました。

 

 

目的は、行政書士登録の申請書類一式を貰うためです。

 

新聞などにも大きく掲載されているので、ご存知のおかたもおられましょうが、本日2月22日は行政書士の日です。

行政書士法が公布された日にちなんでのことだそうです。

 

また、どちらかというとこちらのほうがご存知のおかたも多いと思いますが、2月22日はにゃんにゃんにゃん!猫の日です。

 

そして、因果関係があるかは知りませんが、行政書士のマスコット、ユキマサくん(行政=ゆきまさ)も、猫です。

 

猫好きの私が行政書士になるための申請書を貰いに、初めて行政書士会の門をくぐった日が、行政書士の日であり、猫の日でした。

 

 

はい、どうでもよいですね。

でも、狙ったわけではなく、名古屋の用事も以前から決まっておりましたし、偶然にしてはいろいろと重なっておりますね。

まぁ、来年も再来年も、いつだって行政書士の日と猫の日は同日なんですけども。

 

書類を貰い、仕事を済ませ、定時まではテレワーク実践してから場所を移して書類を書いてみました。

行政書士になろうとしているのに、「書く」ということに疑問を抱くわけですが。

まだまだこういった書類は手書きが多いのでしょうけれど、ダウンロードして入力したものを印刷し、提出という選択肢もあってもよいのではないでしょうか。

 

行政関係でも様々な書類が電子化している昨今ですし、書士会は行政と民間の間なので、行政よりはそこらへん融通が利いてもよいのではと思います。

筆跡鑑定するわけでもなし、署名欄以外を手書きする意味って今時あるのでしょうか。

自署ですら、スタイラスペンでスマホに入力する時代です。

そうはいっても書かなければ登録できないので書きますが。

 

書ける部分は一通り書きましたが、住民票、戸籍抄本、事務所の登記簿、登記されていないことの証明書、市区村長が発行する身分証明書等をお取り寄せしなければなりません。

 

住民票、戸籍抄本くらいは取りに行くこともありますが、登記されていないことの証明書や身分証明書などは、一生に一度も発行しない人のほうが多いのではないでしょうか。

 

とりあえず行政書士になる第一歩として、自分の書類くらいささっと集めないといけませんね。

 

でも、今会社でテレワークとか場所にとらわれないとか、ペーパレスだとか言ってる中、こちらさんは旧態依然というか、停滞しているなと。

市役所に行かないと取得できない書類や、発行は県庁所在地の法務局でしかできず、郵送となると東京の法務局のみという登記されていないことの証明書など。

 

行政書士の登録だって電子で提出してそのままデータベースに登録してしまえば、誰よりも運営再度が楽になるんですよね。

行政書士会にも、IT化の流れを吹き込めたらなぁなどと考えてしまいました。

まずは、会社から。

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy