サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が、本業、副業、中小企業診断士に挑戦若しくは奮闘する様及び読書記録を綴るブログです。

行政書士登録手続きに行ってまいりました。

こんばんは。

 

 

行政書士登録手続きに行ってまいりました。

 

副業となるのでなにか根掘り葉掘り聞かれたらどうしようとドキドキでした。

結論から言うと、無事登録できそうです。

 

正式には、都道府県書士会で審査したのちに日行連へ送達、そこで登録が決定します。

登録が決定すると即入会ということになりますので、入会金も先払い。

もし上で登録できないということになると、指定した口座に返金されるそうです…。

 

 

ただ、都道府県書士会を通れば、そのままスムーズに登録になるということですし、既に5月上旬登録予定と伝えられたので、問題はないでしょう。

 

登録の手続きについてですが、予約時間が30分刻みでしたので、登録も30分程度かと思っていたら大間違い。

2時間近く拘束されることになり、げんなりして解放されました。

 

少し離れたところで同じく登録手続きをされていた方に、なにか問題があったようです。

手続きを担当していただいていた書士会の役員の方?三名ほどが集まって、急に○○に抵触するだ、○○はやってはいけないだ、不穏な会話が漏れ聞こえてきました。

 

そして私を担当してくれていた方もその輪に入ってしまったので、捨て置かれ…。

気付けばもう2時間…とばっちりですか?

 

でも、同じくらいの時間に待ち合わせ室にいた方も少し前に解放されたところでしたので、やはりそのくらいかかるものなのでしょうか。

 

最後に登録料、入会金諸々を支払ったときの受付の方がとても可愛らしい笑顔だったので疲れも吹っ飛びましたが。

 

さて、一体なんでこんなに高いの?と思える登録料、入会費を、どのようにして回収するか。

会社にもどのように還元していけるか、しっかりと考えていかなければなりません。

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy