サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

2次試験公開模試、出来は?

こんばんは。

 

 

先日自宅(スタバ)受験した中小企業診断士2次試験公開模試、模範回答集がとどきました。

 

 

早速、自己採点を…と思うのですが、やはり記述はそうはいきませんね。

答えが一つではないですから、模範解答とは違った切り口の場合はどうなるのか。

2次試験の模試は初めてなので、勘所とかまったくわかりませんし。

 

事例Ⅳは数字で答える問題ばかりなので、だめならダメ、解答プロセスもここまではOK、みたいな切り分けが可能。

 

でも事例Ⅰ~Ⅲは、全くそういうわけにはまいりません。

 

いつもお世話になっているふぞろいシリーズだと、キーワード配点なので、与件文にある強みや機会や現状などを盛り込めば、それぞれに加点がなされます。

 

それに則って解答作りをしているつもりなので、与件文との対応は一応はなされてますし、突拍子もない解答にはなっていないはず。

 

でも、TACはふぞろい方式の採点ではないので、模範解答と違う切り口をどう採点されるのか、全く不明。

それを言ったら本試験だって全く異なるんでしょうけど。

 

C判定ならまぁそれほど気にしないでおこうかなとは思いますが、

D判定がひとつでもあるようなら、いろいろと見直さないといけないかもしれませんね。

とはいっても、模試の結果発表は9月26日、しばらくは方向性現状維持で。

 

今気を付けていることとしては…

・すべての段落が各設問に紐づけられるか検討

・キーワードのヌケモレ未使用なきこと

・制約条件を無視しないこと

 

他にもいろいろ、本当にいろいろ、取り組むにあたり頭に叩き込んでおくことが多すぎる。

 

ファイナルペーパーも作ってますし、今後は毎週見直していこうと思いますし。

着実に、2次試験合格に向けて、進歩してる、といいな…。

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy