サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が、本業、副業、中小企業診断士に挑戦若しくは奮闘する様及び読書記録を綴るブログです。

リーダーシップの定番教科書「八甲田山死の彷徨」

こんばんは。

 

 

最近、仕事も忙しく、中小企業診断士の勉強も忙しく、行政書士の研修もぼちぼち参加しております。

 

結構パンパンに詰まった一日一日を過ごしておりますが、さらにそれに加えて、次世代育成研修に駆り出されることになりました。

 

今の会社に入ってまだ4年。

他に選ばれたメンバーを見ると、10年選手もザラですし、私は一番若い。

いや、とてもありがたいことなのですが…。

色々忙しくて、割く時間もあまりないのですが。

 

どれかを少し、疎かにせざるを得ません。

まぁ、研修も仕事ですし、日常の業務は割と非定型業務を独自に進めてたりするので、それらの面白い案件を少し控えようかなと思います。

 

さて、そんなこんなで研修に参加するのですが、とりあえず一発目、リーダーシップについて学ぶということで、リーダーシップの定番教科書「八甲田山死の彷徨」を読みました。

 

 

思い立って、ではなく、宿題です。

これを読んで、それぞれの場面で、どのようなことがあり、どのようなリーダーシップが発揮されたか、されるべきだったか、など。

 

読んでいて、こういうとこ、うちの会社にまるまる当てはまるじゃん!!

などと思いながら、情けなく見えてしまう神田大尉と、勇ましい徳島大尉、そして途中からリーダーシップを発揮し始める倉田大尉。

それぞれのリーダーシップを感じ取りました。

 

とても楽しみながら読み進めることができました。

それも、映画「八甲田山」を見ていたからかもしれません。

この映画の原作がこの「八甲田山死の彷徨」なので、セリフまでも小説そのまんまだったりします。

 

何がよかったって、小説に出てくる登場人物が、みんな映画の俳優の顔、声で再生される点。

キャストがとても豪華で、三国廉太郎、藤岡卓也、大滝秀治北大路欣也高倉健加山雄三前田吟菅井きん緒形拳加藤嘉加賀まりこ、本当にすごい面々。

 

結果、小説三周と、映画も改めて見ました。

あれ?結構時間あるのでは?

いやいや、無理して割いてるんですよ。

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy