サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が、本業、副業、中小企業診断士に挑戦若しくは奮闘する様及び読書記録を綴るブログです。

2次試験受験票、届きました。

こんばんは。

 

 

中小企業診断士2次試験まで残り一週間を切りました。

そして昨日、受験票が届きました。

 

 

すっかり忘れておりましたが、一週間前に届くなんて、ちょっと直前すぎないですか?

いつも他の試験では、2週間~一ヶ月くらい前に届いているような…。早かろうが遅かろうが、当日までに届けば問題ないんですけどね。

 

さて、写真にもある通り、この試験、丸一日缶詰です。

試験科目を見ると、Ⅰ~Ⅳまで、あって、何が違うの?と感じられるでしょう。

具体的には…

Ⅰ、組織と人事に関する事例

Ⅱ、マーケティングに関する事例

Ⅲ、生産管理に関する事例

Ⅳ、財務会計に関する事例

について、それぞれ80分、約600字の記述形式で解答をします。

 

記述といっても、○○の定義を書け~といったような、暗記で行けるものではありません。

見開き2ページくらいに書かれた事例企業の問題などを読んで、状況を正確に読み取り、アドバイスをする、といったもの。

 

行政書士試験は3時間ぶっ通しで疲れましたが、暗記要素もかなり強い試験でした。

こちらはプラスα、その場で考えさせられます。

文章からの抜き出しもありますが、それだけでは合格点まで届きません。

 

1次試験を終えてからは、日々この事例問題に取り組んでいますが、暗記ではないので手応えが掴みにくいというのがひとつ、特徴です。

覚えた、忘れてた、ではなくて、1次試験で覚えた知識を、事例企業の悩み事にどれだけロジカルに当てはめ、設問1~5までで一貫した、且つ重複のない分析とアドバイスをできるか。

 

もう、日々脳に汗かいてます…。

 

泣いても笑ってもあと一週間。

全力を尽くしてまいりたいと思います。

 

これを終えたら…またやりたいことが沢山あるので、休まるときがありません。

 

でもすべて、楽しんでやってるので、苦はありませんが。

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy