サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が、本業、副業、中小企業診断士に挑戦若しくは奮闘する様及び読書記録を綴るブログです。

行政書士、支部会の定時総会に参加しました。

f:id:co-ideal:20180513002246p:plain

 

 

金曜日は、会社をお休みして行政書士支部会定時総会へ参加しました。

この定時総会は、年に一度、毎年この時期に開催されます。

他の支部会も、他の士業も、だいたい 5月の第二週金曜日にこの総会を開催するようです。

 

私は普段はサラリーマンですので、支部会の他の先生たちとの接点はほぼありません。

せいぜい研修でお会いした時にお話しするくらいです。

 

せっかく行政書士に登録して、支部会員としても名前を連ねているわけですから、年に一度の総会、懇親会くらいは顔を出しておきたいところ。

 

昨年末は忘年会にも参加しましたが、研修後のこの忘年会は参加者20名程度。

私が所属する支部は県内2番目の人数を誇る大所帯で、総会・懇親会にも100名ほどいらっしゃいます。

これに出ておかないと、忘れられてしまいますし、縁も切れてしまいます。

 

サムライ業とはいっても、一匹狼ではなかなか生きていけるものではありません。

いざ独立するぞ!となったときも、懇意にしてくれる諸先輩方がいてこそ、早期に独り立ちできるというものですからね。

 

そんなわけで、久しぶりに行政書士の徽章をつけ、参加してまいりました。

同期とも半年ぶりくらいに会い、近況を聞き、自身の独立に思いを馳せ。

また、中学の先輩でもある先生からもお声をかけていただきました。

昨年行政書士に登録してから、支部会の先輩方と飲みに行ったことはまだ三回しかないのですが、この先生とは、毎回二次会、三次会まで御一緒させていただいております。

 

この先生から、今回とてもうれしいお話をいただきました。

先日県の本会にて偶然お会いしたのですが、その際に、ピンクカード(届済証明書)の申請をしに来たというやりとりをしており、今回そのお話に。

 

「シンイチ君、これから国際業務やるの?今頼める人が少なくてねぇ、やってみる?」と。

 

お話いただいたとき、とてもうれしかったです。

ただ、次の瞬間不安に襲われました。

そして正直に、まだ準備ができていないので、知識を付けようという段階である旨をお伝えしました。

まだやったこともない未知の業務というだけでなく、日本にきている外国人の在留資格帰化、永住権取得など、とても責任重大です。

もしミスがあれば、最悪依頼人は日本から退去しなければならなくなるのですから…。

 

考えるより行動、というのも大事ですが、明らかな準備不足ですので、もう少しお時間ください、と。

 

自分で決めてサラリーマンとの兼業、副業としているのですが、やはりこれは情けないというか、不甲斐ないなと。

完全に独立しているのであれば、一も二もなく「やらせてください!」のはずなのに…。

国際業務には興味もあって、わざわざ高い研修費を支払ってピンクカードを取得したのに…。

チャンスが訪れたときに、自分から「待って」と言ってしまうなんて…。

 

改めて、知識面をしっかりと身に付けたうえで、業務をいただけるようお願いに上がろうと思います。

 

兼業でやるのは自分の勝手。

他人にどうこう言われることではない、とは思いつつも、他人と違うことをやるのなら、相手を納得させるだけのことはやれ!

口ではまだサラリーマンだからと言ってても、いざというときに本当にサラリーマンだからでは、相手はなーんだとなってしまいます。

 

そうならないためにも、二足の草鞋をしっかりと履きこなしていかなければなりませんね。

有難い環境、先輩、お言葉。

しっかりと感謝して、応えられる人間にならなければなりません。

 

よし、頑張ろう!!

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy