サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」、読んでいきます。

f:id:co-ideal:20180526001102p:plain

 

  

書店でタイトルが目に入り、すごく気になった書籍です。

メルカリの書籍版であるカウルというアプリから購入するも、売り切れでキャンセル。

すでに注目度も高まっていたようで、在庫切れ。

次に楽天ブックスで注文しなおし、無事昨日手元へ届きました。

 

 f:id:co-ideal:20180526000450j:plain

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

 

私はこのタイトルでもう、買うこと決定でした。

世界の教養、本気で身に付けようと思ったら膨大な時間がかかります。

何から手を付けたらいいのかもわからない。

だから、1日1ページという気軽さと、365日で終えられるという安心感もまた魅力。

 

1日1ページでは浅すぎて話にならないという方もいるかもしれません。

でもその意見はナンセンスです。

誰もがこれ一冊で、世界を渡り歩ける教養が身につくとは思っていないでしょう。

普通に学べば一冊使う世界の教養というテーマを、ぐっと要点だけまとめて1ページにしているんです。

 

世界の教養、1週間で7分野をカバー

帯を見ると、カバーする分野が記載されています。

  • 月…歴史
  • 火…文学
  • 水…芸術
  • 木…科学
  • 金…音楽
  • 土…哲学
  • 日…宗教

1週間かけて、世界の教養、上記7分野を学んでいきます。

まさにリベラルアーツそのものです。

一見、カテゴリごとにまとまっていたほうが読みやすいと思われるかも知れません。

ですが、これもまた良い工夫です。

カテゴライズされていると、好きなカテゴリだけ読んでしまいがちですよね。

この本はジャンルがシャッフルされていて、でもちゃんと曜日ごとに決まっている。

これにより、バランスよく世界の教養を身に付けることができるのです。

 

この書籍から「読むだけで」得られるものとは

 

1日1ページで、本当に全てを知った気になる人はいませんよね。

この本からは、その教養のテーマを丸々は手に入れられません。

この本から得られるもの、それは、「世界の教養を身につけるきっかけ」です。

1冊200ページにまとめられた本を手に取ったとしましょう。

50ページ読んでも、おそらくまだ全体像は掴めません。

100ページまで読めば、見えてくるかもしれません。

でも、そこまで読んでみてやっと、「こういう内容ならいいや」となったら勿体ないですよね。

 

そこで、本書の1ページで、そのテーマをザックリと掴み、興味を持てる内容かどうか判断する。

興味がなくても1日1ページ、じっくり読んだってたったの5分です。

世界の教養365のテーマについて、一年間かけて、興味のありなしをふるいにかけていくことができます。

もし興味を持てたなら、そこで初めて1冊にまとまった書籍に手を出せばよいのです。

 

分からないことをググるのと似ています。

ググってすべてをわかった気になる人はいません。

興味を持ったり、より深く知りたければ専門書を読む。

それと同じことを、この「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養」でやっていくのです。

 

これから毎日、1日1ページ読んでいきます。

色々な知識の入り口をうろついて、話のネタ、ブログのネタにもできたらと思います。

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー,ノア・D・オッペンハイム,小林朋則
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy