サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

【お題】「私の黒歴史」、ブラック企業経験談

f:id:co-ideal:20180605000545p:plain

 

お題「わたしの黒歴史」

 

私の黒歴史と言えば、やはり新卒で入った会社でしょう。

2年ほどで辞めてしまいましたが…。

 

今日は私が体験したブラック企業の有様について。

 

 

 

月の残業時間は140時間越え 

この会社は完全なブラック企業で、配属直後から欠かさず月100時間は残業してました。

日をまたぐ時間になると、所長から「そろそろ帰ろうか~」との号令。

ただそれに反応して帰る者はおらず、言った当人ですら1時過ぎまで残業。

 

配属から数か月し、ノルマを与えられて以降はほぼ毎日0時を回っていました。

改めて考えると100時間どころか140時間ですね。

会議のある日は17時でいったん解散、強制飲み会が始まりますが、飲んでからまた全員事務所に戻って仕事します。

 

そんな中で営業活動をしていたので、日中眠くてたまりません。

どう奮い立たせても生理現象には勝てませんので、生き残るために、公園の駐車場で寝てました。

 

起きると2時間経過、なんてこともザラで、その分営業できずに数字が落ちる。

ただ、営業が図面作成、現場調査、職人手配、すべてこなしていたので、数字がいかないからと言って暇になることはありません。

数字をとれなければ負のスパイラル。

数字をとれば死のスパイラル。

ブラックはどこまでいってもブラックです。

 

「家庭か仕事か、どっちをとるの?」が現実に。

 

もちろん、数字達成して死のスパイラルを歩む先輩は、もれなく土日フル出勤。

「つっても出てきたの10時だけどな~」なんて言いながら、19時、20時までやってるので、お休みなんてありません。

その先輩は、奥さんから「家庭か仕事かどっちをとるの?」と迫られ、当然家庭を取って会社を去りました。

漫画かドラマでしか聞かないセリフだと思っていたので、本当にそれを言われる人がいることに驚きました。

 

ブラック企業は想像の上をいく 。

 

2年目が始まるころ、うるさいけれど人情味のあった所長が異動になり、支店内で人でなし、今までの人生で一番嫌いな人と名高い支店長が、所長兼任となりました。

なぜそこまで言われていたかというと…いろいろありすぎて…。

会社の電話へキャバ嬢から頻繁に支店長宛の電話があったり、女性蔑視発言、セクハラの数々があったり、その口調が反社会的勢力の方そのものだったり。

極めつけは、個人に倉庫を借りさせて、売上未達分をカラ売りさせ、倉庫に納品させてていたこと、などが挙げられます。

カラ売りされた得意先は違算がたまっていくので、当然不信感を抱きます。

そうすると、担当者の責任として、自腹で買わせられます。

そんなまぎれもない犯罪行為を、過去に主導していたうちの一人だから。

というのも、本社のあった大阪では、専務常務が率先してそれをやっていたので、この支店長だけではない、ということです。

 

私が入社する数年前まで会社は好調で、上場を視野に動き始めておりました。

その為、急に会社がコンプライアンスだガバナンスだというようになり、先輩たちもいぶかしがっておりました。

それまで個人で倉庫をレンタルさせられていた担当者たちの多くは、責任を擦り付けられて自腹切らされたそうです。

訴えろよと思うのですが、きっとまともな判断できないほど追い詰められていたんでしょうね。

 

大阪から異動してきた先輩は、倉庫とそこにおいてある商品をどう処分するか~というやり取りを、前の職場の同僚としていました。

異動してきてから一ヶ月くらいは、そんな電話ばかりしてたのを覚えています。

 

支店の1/3の人員が退職届を提出した日。

 

ただでさえ月140時間残業、そこにきてこんな支店長の下では、「確実に死ぬ」と思い、退職届を提出しました。

退職届を提出する数日前から、「この日の面談で出すつもり」と言っていたので、イッコ下の後輩も、後れをとるものかと言わんばかりに、面談後の支店長を捕まえて退職届を提出していました。

後から聞いたところによると、同じ日に営業所の女性スタッフも退職届を出していたことがわかりました。

さらに、支店内の別の営業所の新人も、これまた同日の朝に支店長へ退職届を出していたとのこと。

さらにさらにその翌日、支店長が右腕のようにかわいがっていた先輩も、結婚を機に辞めますと報告。

家庭崩壊寸前で辞めていった先輩を見てますから、自然とそういう判断になりますよね。

 

支店の二営業所には、営業とスタッフ併せて15名程度おりましたが、この二日で5名が退職届を出すというサプライズ。

一見異常ですが、支店長のあまりの非人道っぷりがもたらしたこと。

致し方なしですね。

 

ブラック企業は人がピンチに人が逃げる(でも因果応報)。

 

私が退職を決意した理由は、上場を視野に導入したSAPの運用失敗もあります。

辞めようかと思っていたところにシステム部門がSAP運用に失敗し、機能不全に…。 

その頃世間はサブプライムローン問題まっただ中でしたので、ただでさえ景気不安な中、基幹システムの運用失敗、旧システムへの手戻りは、決意には十分なインパクトでした。

 

そして私が辞めた翌年、リーマンショックによる世界同時不況、会社は耐えきれず…。

クリスマスに2度目の不渡りを出し、140億円の負債を抱えて会社更生手続きへ。

テレビや新聞でも大きく扱われたので、分る人は分かるかもしれませんね。

 

その後業界トップシェア企業が支援に名乗りを上げてくれましたが、あまりに救いどころがなかったのか、支援を断念、そして御破算となりました。

 

人を大切にしない企業は、なんて言われますが、まるでチートでも使ったかのように、悪いことが重なりました。

でもこれも、ひとつの因果応報と言わざるを得ません。

人を大事にする企業は、そのようなピンチでも人が離れないもの。

難局を乗り越えるだけの団結力を欠いたのは、普段の行いに起因します。 

 

ブラック企業、今思えば…

 

あの時SAP導入が成功していたら、あのタイミングでサブプライムローン問題が起きていなかったら、もしかすると退職の決意に至らず、下手したら過労死していたかもしれません。

頭の欠陥に何か詰まってるんじゃないか、というような違和感は、割といつも感じていましたし。

あと一歩遅かったらと、考えてしまいます。

 

今でも、ブラック企業や過労死などのニュースを見ると当時を思い出します。

また、そういう企業を経験したことのない人は、それでもお世話になった会社を悪く言うななどと言いますし、得るものもあったはずと言います。

これは全くの的外れ。

得るものがなかったとは言いませんが、それらはまともな企業であれば、精神的ストレスや身体への負担なく、圧倒的に効率よく、身に付けられるもの。

ホワイトな企業で身に付けられないものがあるとすれば、「ブラック企業は本当に人を殺す」というリアルな体験のみです。

 

ブラック企業からは今すぐ離脱することをお勧めします。

 

もし似たような状況で働いてらっしゃる方、まともな判断力があるうちに離脱しましょう。

辞めることは逃げではありませんし、命より大切なサラリーマン人生なんて、この世には存在しませんから。

 

以上、かなりガチな「私の黒歴史」でした。

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy