サラリーマン行政書士の日記

本ブログは、サラリーマン行政書士である私が本業及び副業並びに中小企業診断士に挑戦及び奮闘する様を綴るブログです。

RPA導入推進のために…「RPA革命の衝撃」読みました。

昨日再開宣言したブログ。

実は書きたいことは溜まっています。

読書について、です。

 

この休止期間、もちろん勉強に精を出していたのですが、実は今年はモチベーションがマックスまで上がらず…。

 

事例ひとつ解いて答え合わせなど終えたら、一日の勉強はそれまで。

あとはいろいろと読書してました。

 

近所の図書館が夏は19時まで開館していたこともあり、買う方も借りるほうも、かなりたくさんこなしました。

この3ヶ月ほど、月15~20冊程度のペース。

 

といっても、ノウハウ本は要点さえ押さえられればすいすい読み飛ばしてしまう部分も多いですし、新書は200ページほどですし。

精読するような本はそのうちの1割程度でしょうか。

 

そんなわけで、秋の夜長+マイブームということもあり、しばらくは読書感想文を綴っていきます。

 

自分の知識の整理用でもあるので、数行程度、ただ多くの本に触れていけたらと思います。

 

まずは、タイトルにある「RPA革命の衝撃」。

実は先ほど読み終えたばかり。

 

f:id:co-ideal:20181023210710j:image

 

RPAとはRobotic Process Automationの略、ロボティックプロセスオートメーションと読みます。

何かというと、PC上の定型業務の自動化です。

 

人口は緩やかに減少をはじめ、少子高齢化、若年者人口減に対して65歳以上の割合はどんどん増えている。

日本は人口ボーナス期を終え、人口オーナス期に入った。

そんな中で国際競争力を高めていくには、一人当たりの生産性を高めていくこと。

 

というのは、最近のコンサルの前口上として聞き飽きた方も多くいるのでは?

ではどうやって生産性を高めるんだ!という叫びに対するひとつの答えとして、RPAがあります。

そのRPAメーカーの国内最大手、日本RPA協会設立にも携わったRPAテクノロジーズ社長の著書です。

 

詳しくは…お読みください。

 

私が着目したポイントは以下の三つ。

 

  1. RPAはシステム導入ではなく、デジタルレイバー、労働者を雇うように考える。
  2. 情シスでなく、現場が開発、運用する。
  3. 現場改善でいつもトレードオフとなるQCDを、三つ同時に改善。

 

1つ目は、2つ目ともリンクします。

いつものシステム開発、導入のようにやるのではなく、新人を雇って教える時のようなイメージで捉えるとうまくいきやすい、ということ。

また、情シス頼りではなく、自部門の細かな、日々のルーチンワークを、自分たちでソフトロボを開発、運用するということ。

自部門の課題を情シスに丸投げするのではなく、先に書いたように自部門の新人を育てるようにデジタルレイバー作り上げていくこと。

自発的な課題解決の意識にもつながりますし、単純な作業効率化以上に得るものがあると思います。

3つ目は、まさにRPAのキモ。

人為的なミスがなく、使いこなすほど1作業当たりのサブスクコストも安くなり、定時後にPCを走らせておけば、朝出勤したら出来上がっている。

メーカー側の謳い文句ではありますが、ここはシンプルに理解できると思います。

あまり疑う余地もありませんね。

ただ、どれをRPAに任せるかが曖昧なままでは、コスト面はペイできませんが。

 

一度使いこなしサイクルがハマれば、生産性は向上します。

そして人間は、これまでなかなか手を付けられなかった「緊急性低・重要性高」作業に着手していくことができます。

 

他の案件もたくさん抱え込んでいるので一気には進められませんが、今期中に導入に漕ぎつけたい、ですね。

 

RPA革命の衝撃

RPA革命の衝撃

 

 

Copyright © Shinichi, all rights reserved.

PrivacyPolicy